読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身近にある日常の「死にたさ」について

こんなブログ読みました。

軽いノリで死にたくなる話
http://blog.shinoegg.com/entry/2016/12/19/173254

「生きたくっても生きられない人」にとっては、とても許し難い話なのだと思います。

「そんなこと思うなんていけないよ!」と言われても、ふとしたはずみに、じんわりと湧き上がって来てしまう、この気持ち。

何も、特別なことではない。」

自分もたまに(結構?)希死念慮がきます。

生きたくても生きれなかった人もいるのに
何を傲慢な、って思うことも。

しかし、「生きたくても、死にたいと思ってしまう」人も大切にしてあげてほしい。

死にたいから死にたいなら、悩みません。

鬱の一番の辛さは
「生きたいのに、死にたいと思ってしまう」
ことなのです。